■ご挨拶

 静岡のぞみ法律特許事務所は昭和56年、加藤法律特許事務所として静岡市に開設されました。
 その後,新たに弁護士・弁理士を迎え、産業財産権(特許・実用新案・意匠・商標)及び著作権などの知的財産法務、企業法務・国際法務、特許・実用新案・意匠・商標の出願業務を中心に、国内のみならず,国際的な法務・出願にも対応できる静岡県内で唯一の国際法律・特許事務所です。企業ビジネスを強力にサポートいたします。

 平成16年、より広いサービスを提供すべく、現名称に変更しました。今後も質の高い法務サービス・出願サービスを提供できる事務所として所員一同研鑽を積む決意でおります。

■事務所沿革

昭和56年 協和特許法律事務所の勤務弁護士であった加藤静富が、故郷静岡に帰り開業(加藤法律特許事務所)。
地元企業を中心に、工業所有権の利用方法を指導、工業所有権訴訟を数多く手がけて顧客を拡大する。
平成元年 弁理士・入江一郎入所
平成3年 弁護士・野末寿一入所
平成23年 弁護士・宮田逸江が藤枝のぞみ法律特許事務所を開設して独立
平成24年 弁護士・山下善弘が山下善弘法律事務所を開設して独立
平成25年 弁護士・坂野史子入所